その瞬間は突然...

2016.06.25 Saturday 20:00 | THE DAY

小さな目標や夢、大きな目標や夢。
人それぞれたっくさんあると思います。

自分は個人的な目標や夢もあれば、byUとして、Palette TOKYOとしてもあります。

もちろん、小さなものから大きなものまで。

ショップもブランドもまだまだこれからですが、気がつけば、もう少しで3年目に入ります。
Paletteを始めた当初、まずは日本全国、すなわち47都道府県全てのユーザーに届けたいって密かに思っていた。
これは1年目に叶いました。すごく嬉しかったのを昨日のことのように覚えています。

そして、つい先日、もう一つ叶いました。

それは、関係者を除いて、Palette TOKYOのアイテムを着ているユーザーと街中とかで会うこと。
以前密着して頂いていた番組でも同様の話をしていました。

関係者の人や友人が日本全国でちょこちょこ遭遇していて、その場でLINEくれたりしていて、その都度嬉しかった。
心のどこかで、俺も見たいなーってずっと思っていた。

そして、その瞬間は突然訪れました。

東京から遠く離れた、とあるところで歩いているといきなり目に入ってきました。
昔から無意識に視界に入る人のファッションを流し見していて、それがふと止まった。
 
なんかうまく伝えられないけど、時間が止まったような感覚。

“自分の創ったアイテムを着てくれていて、その人が目の前にいる”

文章にすると当たり前な事だけど、現実は当たり前な事じゃなくて、ものすごく嬉しくて、素晴らしい空間。

以前からその時が来たら、絶対に話しかけて、ありがとうという気持ちを伝えるって決めていたけど、いざ突然その瞬間が訪れると、色々な感情で止まってしまって、ふと我に返り、周りの後押しもあって話しかけた。

たまたまカメラが回っていてその瞬間も撮れて、まさに奇跡と偶然と色々なものが重なった瞬間。

本当のこと言うと涙が出るくらい感動した。

その方も俺の事知ってくれていて嬉しかった。
ユーザーにとってはプライベートな時間で突然話しかけてしまって申し訳なかったけど、本当にありがとうを伝えられて良かったです。

“目の前の一人を大切に、その一人が増えるように”

これからも頑張ります。

いつも、ありがとう。


111111111.jpg



BRAND

OFFICIAL SNS