5つの習慣と大切にしている1つのこと

2015.08.15 Saturday 15:00 | THE DAY

前にも書いたかもしれないけど、自分の場合、ファッション業界に身を置かせてもらいながらも、服飾の専門学校やデザインの学校を卒業した訳ではなく、クリエイションに関しては独学ばかり。もちろん人に教えてもらったり、書籍を読んだりすることはよくある。

バイヤーをやっている時に、ブランドとコラボさせて頂いたり、デザインをさせてもらう機会はあった。
ただ、自分で画を描いて、デザインソフト(Illustratorとか)でパス化して...なんてバイヤーの時は出来なかった。

もともと、絵や画を描いたりするのは好きで、こんなデザインがあったらいいな、とかこういう服があったら買いたいのにな、とかずっと考えたりしていて、ファッションやアートはもともと大好きでした。

そんな中、自分でブランドやショップをやることになり、気が付いたら習慣化してきたことや大切にしていることがある。



1 朝は早く起きる
脳科学などでも立証されているけど、堅い意味ではなく、朝早い方が一日が長く感じるし、何より気持ち良い。
意外と冴えている時や新たな発想とか出てくるのって起きてすぐだったりする。


2 お腹を一杯にしない
自分の場合だけかもしれないけど、文字の如く物理的な話しで、食べ過ぎたりすると何も思い浮かばない。何より食べ過ぎると辛い。お腹痛いし、苦しいし。


3 ルールを持たない
冒頭で書いた通り、ファッションの学校を出た訳でもない。こういう服が売れるとかデザインはかっこいいけど加工代が高いとか考えてデザインやクリエイションはしていない。もちろんブランドをやる上で大切なことだけど。歴史や背景なども当然勉強して知っている方が良い。だけど、自分が1ユーザーとして考えた時、そこをいくら言われても響かないものは響かないし、響く時は響く。あくまでベースとして知っているぐらいで十分。こういう服はこういう風に着るものとか。例えば、ボタンダウンはアイビーとかウィングカラーはドレッシーかつフォーマルじゃないととか、ルールやセオリーを持ちすぎるとつまらなくなる。ウィングカラーベースでカジュアルシャツコート?だって創って良いと思う。


4 必ず書き留める
普段からファションやデザインのことばかり考えている。どこにいても誰といても。バイヤーをやっていた頃、すれ違った人の洋服がカッコよくて思わず声を掛けて、ブランドやどこで買ったかとか教えてもらったこともある。聞いても忘れてしまったり、綴りが間違っていて行き着かないこともしばしば。そこで原始的だけど、メモ(携帯とかではなく実際のメモ)することを習慣にした。デザインも一緒でいつどこで出てくるか自分でもわからない。自分の場合、デザイン起こそう!って取り掛かることはそんなに多くない。ふと道を歩いていて思いついたり、何も考えず落書きしていたものがアイテムになったり。汚い字でもテキトーでも書き留めた方が良い。人は一度忘れると100%の再現化は出来ない。


5 自分でやってみる
わからなくても出来なくても良いから、自分でやってみた方が良い。やってみて出来ないことを聞いたり、教えてもらったり、場合によってはやってもらったり。これってすごく重要だし、何より自分を高める最短ルートだと思う。


そして、大切にしていること。
これも前に書いたかな。


《 ?を何より大事にする 》
なんで?どうして?ってすごく大事だと思う。デザインやファッションに限らず。
全てそう思うことはないけど、興味があること、好きなことや真剣にやっていることは特に。
?を!に変えることで本当の意味で理解が出来て、新しいことが生まれたりする。



なんか長くなっちゃったなー。


IMG_1698.JPG


IMG_1700.JPG


IMG_1701.JPG



それでは。




BRAND

OFFICIAL SNS